ホーム > 多汗症

多汗症(手・ワキ・ ワキガ)

多汗症とは、場所や症状の度合いによって治療は異なります。お悩みに合う治療をし、
症状を抑えましょう。

ぬり薬 [外用薬] 制汗剤デオドランド ¥1.200-(税込) 20ml

塩化アルミニウムなどを有効成分とするお薬を、ワキの下に塗り続けることで、
徐々に効果があらわれます。効果には個人差がありますが、3~10日持続しますので、
毎日塗らなくてもOK。汗や臭いがでてきたら使用されることをおすすめします。

photo

<臭いが気になる方へ>
臭いの気になる方は、臭いの原因であるアンモニアを中和・消臭すると抑えられます。
 ・ディーバー (ワキ下用スティック)15g ¥1.500(税抜)
・ディーチューブ (制汗クリーム)40g   ¥1.800(税抜)



飲み薬 [内服薬] 保険適応  30日分 ¥1.800- 程度

身体の広い範囲に汗をかきやすい方へおすすめです。
アセチルコリンという物質の動きを抑制することができ、脳からの「汗をかく」という指令を止めることができ、これにより一時的に汗が出るのを抑えられます。
飲み薬の特徴としては即効性です。服用から約1時間で効果がでるため、自分の求めるタイミングで汗を止めることが出来ます。

手汗治療~イオン導入~   保険適応 1回 約¥840-

手術をせず電流の力で手汗を解消。直流電流を流すことによって、皮膚の表面にある汗腺の穴に作用し、穴を小さくすぼめる事によって発汗を抑えます。
症状の差や個人差はありますが、8割程度の患者様に効果を実感頂けます。副作用などの心配もなく、微弱な電流のため健康などの影響もありません。



ワキの多汗症-ボトックス注射- 両ワキ 1回 ¥

汗を出す信号に、ボツリヌス菌がつくる天然のたんぱく質を有効成分とするお薬で注射薬でブロックして、過剰な発汗を抑える治療法です。
1回の治療で約6カ月ほど効果が持続するので、年に1~2回の治療で汗を抑えることが出来ます。